2015年 12月 の投稿一覧

知的障がい者のクリスマスの過ごし方…一例

皆様、Merry Christmas☆♪

島佳代子です。
昨日は「子供問題研究会」(通称:こもん研)の
クリスマスパーティに親子3人で参加しました。

こもん研は、和光大学名誉教授の篠原睦治先生が
立ち上げた、いわゆる当事者団体の様な会で、
普通学校、普通学級入学が難しい様々な障がい
当事者の方々の普通学校・学級への入学・編入
について話し合われている会です。

もちろん、実際に入学されて様々な苦労話もお聞き
致しました。

そんな仲間と毎年必ず参加するお馴染みのお母様方、
お父様方は本当にいつも笑顔が絶えません。

笑顔の裏の苦労はあるものの、今日はサンタクロース
がやって来るクリスマスパーティ!
今までの苦労は少し忘れて、今宵は親子で楽しみ
ましょう。

まるでそんな声がどこからか聴こえて来たような…

当事者の方々の子供達・大人達はめいめい勝手に?
走り回ったり、ケーキを食べたりカラオケを
しています。

親は親でお酒を飲んでカラオケを聴いたり、これまでの
子供の支援の期待や現実の差異など苦しいながらも
笑顔でお話しされました。

親がガッツリ側にいなくても、体育館内でみんな
楽しんでいました。
トイレも一人で順番を守ってルールに添って
過ごしていました。
みんな良い子だね。
親としては嬉しいね。

なんたって、クリスマスですから!☃☆
当事者にも、支援する人も親もみんな楽しむ

MerryChristmas★☆〜(ゝ。∂)

就労支援施設で介護?…JKを応援したい!

皆様、やりたい事をやる為に頑張る人へ、
どの様に応援したら良いと思いますか?

今日は、島佳代子です。

今月始め、私達が働く就労支援施設へ現場実習
に来た養護学校の生徒の介護を行いました。

養護学校(県や自治体によって特別支援学校と
名称が変わる)と言えば、障がいや重い病気など
なんらかの形で地元の普通学校に通えない、
または支援のある学校を選択した人が通う
学校です。

彼女は歩く事が出来ず、自走装置の車椅子に乗って
私達のいる施設まで来ました。

彼女は就労への意欲が高く、人への温かい
接し方が出来る女の子です。
女子高生ながらも聡明な発想と、コミュニケーション
能力の高さに、スタッフの私は彼女への可能性を
感じていました。

当法人は今まで、車椅子ユーザーの方々の受け入れは
まだ例が非常に少ないのです。

身体に障がいが重い人への受け入れは、いくら
こちら側が意欲があっても、通勤までの段差や
、トイレの問題など様々な壁があり、中々受け入れは
簡単ではありません。

現に、他の事業所では実習・体験ですら断られる
事もあるそうです。

私達の事業所は違います!

手すりもない広くもないトイレ、スロープもない
ビル、狭いドア‥
とても身体障がいがある方を支援出来なさそうな
ビルを構えるこの事業所で、一週間、私は彼女の
介護をしながら就労支援しました。

トイレ介助を行い、お弁当を出してあげました。
車椅子を押して事業所周辺をみんなと散歩しました。

彼女は毎日笑顔で通って来てくれました。

どんな障がいがあろうと、出来る事は必ず
あるはずです。
彼女は、自身が通勤する事で証明してくれました。

そして、私は今まで封印?していた介護業務の
能力を発揮しました。
彼女が、思い出させてくれました。

様々な障がいのある方の支援に、当法人はこれからも
尽力する所存です。

そんな前向きなJKを応援します。

アズ直子様の出演テレビを見て…アスペルガーの認知に向けて

皆様、発達障がいの一つ、アスペルガー症候群
の事を少しでもご存知ですか?

島佳代子です。
皆様、もうご覧になりましたか?

★12月9日(水) 日テレ放送
空気がよめないと言われ続けた女性の苦しみ
|ザ!世界仰天ニュース|日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20151209_01.html?n_sclbtn=l

以前からFacebookやお友達からの情報等で
楽しみにしていた番組を一週間前の朝、録画予約
して拝見致しました。

私が尊敬するアスペルガー症候群当事者の
経営者・著述家・セラピストのアズ直子様の
テレビ出演…私のFacebook友達も何人かの
方々がシェアし合い、番組閲覧後の感想を述べて
いらっしゃいます。

私も相当遅ればせながら同じ様な気持ちを
この場を借りて述べたいと思います。

空気の読めない発言…
どうしてお友達を傷付けてしまうのか?
なぜ、ご自分の部屋があんなに汚くても平気なのか?
なぜ時間を守れないのか?

そして、なぜ自分の大切な娘さんさえも傷付けて
しまったのか?

子供の頃のお話は、以前から聞いてはいましたが、
あそこまでトラブルをおこしてしまうとは…
驚きました。

そして、自分が抱えるアスペルガー症候群
の特性と比べて学びにさせて頂きました。

特性がどれだけあっても、周りに自身の不得意な事を
伝えられなければ、我慢を決め込むに等しい。

そうです。
アズ様はFacebookやブログ、講演、執筆と言う形で
アスペルガー症候群を始めとする生きづらさをわかりやすく伝えていらっしゃいました。

アズ様は諦めず伝え続けたのです。
だから、同じ様に悩む人のパイオニアとして世に立た
れたのだと思います。

私は、どんな形でアスペルガーを、知的障がいを持つ
息子を伝えていけば良いのだろう?

アズ様のテレビ出演をキッカケに、また一つ、
自分を奮い立たせる、大きな学びを得ました。

また、明日の朝、もう一度観てみよう。
その為に早起きしよう。

アズ様、本当にお疲れ様でした。

お客様への気遣い…愛すべき東武東上線

皆様、普段自分が愛用している公共交通機関が
運転していない状況になるとどんな気分に
なりますか?

今日は、島佳代子です。

昨日、池袋から寄居駅まで繋がる東武東上線
が鶴瀬駅〜ふじみ野駅まで車両点検を行う影響で
大幅なダイヤ乱れが生じました。

夜22:30過ぎに池袋に着いた私は、東武東上線
改札前の大勢の人がごった返す風景に圧倒されて
しまいました。

沢山の人が東武東上線ホームで溢れ、ひたすら電話で
誰かと連絡を取ったり、スマホでメールを打って
いるのか、ジッと画面を見続ける人などいました。

ひたすら待ち続けているお客様がほとんどです。

ダイヤ乱れで混乱しているのか、中には言い様のない
怒りを誰かにぶつけているのか、怒鳴り声が聴こえる
事もありましたが、殆どの人はひたすら待ち続けました。

そうです。
不満を顔に出しても、文句を言っても仕方ない事
なのでただ待つ…これ以外正解はないでしょう。

私は音楽を聴いて、気を紛らわせていました。

23:20過ぎにようやく走り出し、これ以上入らない
車内を見て、私は一つ見送って次の電車でようやく
帰路に着きました。予定より1時間以上も帰宅が遅く
なりました。

翌朝、いつもの東武東上線に乗り、池袋まで向かう
途中の車内放送で昨夜の大幅なダイヤ乱れを謝罪
していました。

もう過ぎた事、今日の事ではないのに、キチンと
自らの非を謝罪する…

そして今日も安全運転で走る…

愛すべき東武東上線は、こんなにも人に優しく
そして誠実に乗客への配慮が行き届いて
いたのですね。

時々停車したり、人事事故などで朝からダイヤ乱れが生じたりと、日々色々な出来事が起こりうる東武東上線
ですが、今日も私は、このプロ意識の高い電車に
乗り、職場へ向かっています。

東武東上線よ、今日もありがとう。
そして帰りもよろしくお願い申し上げますね。

仕事3本掛け持ち?…それでも食らいつく

皆様、こんばんは。
島佳代子です。

突然ですが、私は明日はイベントの仕事を3本
抱えています。

午前:「アズ直子様 感情整理を学ぶ講座」
受付、会場設営対応

午後昼間:「スポーツかるた」
利用者さん引率、他開催手伝い

夜:「Necco 音楽の夕べ〜冬なのにあっちいゼ!」
司会担当、他打ち合わせ

私は40歳ですが、何故にこんなに仕事を抱えられる
のでしょうか?
どこにそんな体力があるのでしょうか?

不思議です。

どれもイベント対応のお仕事!
それぞれ他対応する人がいなかったり、是非私へと
声をかけて下さったりと、
イベント担当者としての冥利につきます。

今まで仕事を振られる事はなかった3年前が懐かしいです。
ようやく求められる私になったのかな?

とにかく!
明日は頑張ります☆〜(ゝ。∂)

子供に求めるもの…偏食改善?諦め?

皆様、自分の手料理を美味しそうに食べてくれると
とても嬉しいですよね。

おはようございます。島佳代子です。

この所仕事が忙しくて、なかなか家族に
手料理を振舞えません。

こう見えても、本当は私、料理が上手いのに…

かつて2・3歳の頃の息子は偏食が激し過ぎました。

野菜が食べられないから工夫して炒飯にして刻んで
混ぜたり、卵焼きの中に含ませたりと色々したの
ですが…
結果は…

徹底的に残されました。

嗚呼、母の努力虚しく…

その頃の息子はとにかく焼き海苔が大好物でした。

私の母が野菜やカルシウムサプリメントを砕いて
ご飯に混ぜて、鰹節と醤油を少々垂らし、焼き海苔
で巻いて食べさせてました。

これで、しばらく何年かは栄養を保たせた…
かと思います。

あれから10年以上経過し、今は学校が終わった後
すぐに自宅に帰る訳ではないから、学校の給食
(高等部でも特別支援学校では給食配食)で、施設で
何でも食べる様になっている様です。

かつて私が作る味噌汁でないと口にしない時期も
ありました。
冷凍食品やインスタントが苦手でカップの味噌汁
なんてもってのほかでした。

それが…
今や…

忙しい母に気を遣っているのか、買い置きした
カップの味噌汁を何の文句も言わずすすります。

時間もないし、作る元気もないに等しい私の事を
息子なりに解ってきているのでしょうか?
出されたものを朝は食べる様になりました。

ワーキングマザーには都合がいいかもしれません。

だけど…
一体どうしたのでしょうか?

お母さんの手作り味噌汁でないと飲まない…
なんて、口には出してませんが、私の手作りに
こだわっていた、あの頃が懐かしいと、
私だけを頼りにしていたあの頃を振り返って
しまう朝の寂しい気持ちをブログに書いてみました。

今夜は早く帰宅して、手料理を振舞おう。