アスペルガー

孤独のグルメ?…知的障害児の美味しい食事とは?

皆様、美味しいお食事をみんなで一緒に食べたいと
思いますか?

超!お久しぶりです。島佳代子です。
今年になってまた更新させて頂きます。

さて、2017年から全く更新せず、とうとう息子は支援学校を卒業し、福祉的就労として地元坂戸市の就労継続支援B型事業所へ入所しました。

そんな息子はまだまだ相変わらずの部分が多いので、人とのコミュニケーションに難を抱えています。

人との会食にまだまだ課題があります。

家族でファミレスや障害児の家族との懇親会などでもあまり長居出来ない事が多かったです。

まさに孤独のグルメ?さながら人と会話せず黙々食べて、サッと席を外してしまう事が多かったです。

いつか息子は誰か友達や恋人と向かい合ったり隣で囁いたりで楽しく食事出来るのでしょうか?

そんな日を願いつつ今日も息子の好きなスープを作ったりしています。

就労支援の私〜現場から…

皆さま、お久しぶりでございます。
島佳代子でございます。

暑い日が続きますね。
私は日々のFacebookの更新は、主に家庭の食事や
知的障害がある息子の成長を描いたり、
家族でお出かけした事などを写真付きで上げていました。

だけど、ふと感じたのは、
「最近私は自分の仕事の事をFacebookで
上げていないなー」と気付きました。

どうしてだろう?

そう言えば、私は自分が勤める就労支援施設の
イベント等、以前はよく宣伝していたのに、
ここ半年近く宣伝していません。

あー、そうだ!
私は主に事業所におらず、就労を目指す就労訓練生の
現場の直接支援がメインになりましたので。

座学のカリキュラムを受講するのも良いのですが、
やはり、就労するには自分がその現場で本当に
やっていけるのか?

実際に行ってみないとわからない事が多いですよね。

私は、その実習の現場に立ち合って支援しています。

支援員という仕事は本当に面白いもので、
様々な支援のやり方があります。

今後は、細やかな私の支援の仕事の話なんぞでも
お伝えさせて頂きます。

障害のある方々の仕事には、本当に様々な所で
チャンスが広がっているのだと、現場支援しながら
しみじみ思いました。

感情整理を学ぶ講座…読書しながらの

皆様、自分の力や内面の考え方だけではどうにもならない事がありませんか?

今晩は、島佳代子です。

先週2月25日の土曜日はアズ直子様と高橋晴子先生の
「感情整理を学ぶ講座」を当法人にて開催致しました。

2014年から開催し、アズさんを始め、様々なセラピスト講師がご自身の学びの「感情整理を学ぶ講座」にて
教鞭に立ちました。

外部のお客様をお呼びするだけではなく、会場を提供
させて頂く当法人利用者さんも一緒に講座に参加させて
頂きます。

私も最初は利用者さん、お客様と同席してお話を
聴かせて頂きましたが、段々土曜日のイベント対応業務が増えて、せっかくの学びの時間を仕事に費やしてしまいいました。

勿論私は仕事に来ているので、
それが当たり前なのですが…

2月25日は2016年度の最終日で、新年度の打ち合わせの為にアズさんは会場にお越しになり、高橋晴子先生が
講座を開かれている間、会場の高橋先生の様子を見たり、お客様や利用者さんの様子を見たり、当法人がお世話になっている方々の書籍やスタッフお勧めの自己啓発に相応しい書籍を眺めていたりされました。

以前アズさんが、私の荷物整理の時に私の鞄から取り出したボロボロの「7つの習慣」の本を見て
「島さんも読んでいるのですか?私も愛読していますよ」とその場で本の趣味が合う事がわかって嬉しくなりました。

この25日も、私がスタッフから勧められたあるビジネス本を熱心にお読みになり、
「お貸ししましょうか?」と声を掛けたら
「あっ、いや、気になっているから自分で買います」
と仰った。

ああ〜本当にアズさんと私は本の趣味が合う…
同じアスペルガー当事者としてのみならず、
なんだか本当に気が合うのではないか…と
勝手に妄想を膨らまして嬉しくなる私です。

忙しい人ほど、お仕事が出来る人ほど本を読むのですね。あれだけの感情整理の講座で楽しいお話が出るのは
本を沢山読んで、ご自分の経験をお話し、噛み砕いて
わかりやすい講座になるのですね。

次年度から「感情整理を学ぶ講座は
当法人ではアズさんではなく、
アズ直子監修の認定講師の方々に講座を開講して
頂きます。

特性の強い利用者さんの対応や受け答えをしながらの
講座はかなり勇気の必要な事ですが、笑顔でお話
下さる感情整理の学び方を教えてくれる認定講師の方々に
今後ますます期待しています。

アズ直子様、高橋晴子先生、この一年ありがとうございます。
4月からのリニューアした「感情整理を学ぶ講座」
スタッフ一同、利用者一同、心よりお待ち致して
おります。

そして、今度は読書のお話がしたいですね。

地域フォーラムに参加しよう…知的障害者に優しい街へ

皆様、日頃自分達がお世話になっている地域の事をどれくらいご存知ですか?

今晩は、島佳代子です。

私は先月末、地元埼玉県坂戸市の取り組みに注目して坂戸グランドホテルで開催された

「坂戸市地域支え合いフォーラム」
~みんなが力を発揮できる 笑顔が輝くまちづくりを~
続きを読む

学校が変わる・友達が変わる・変化を受け容れる・・・

皆様、新年をつい最近迎えたと思ったらもう2月になってしまいました。
今晩は、島佳代子です。

息子が新学期を迎えて、つい最近、授業参観の一環でマラソン大会が開催されました。

特別支援学校の中学部時代から一緒だったみんなは、かつての中学生の頃より、逞しく、大人しく、
そして可愛らしくもなりました。

中学部から高等部に進学する際に、息子の啓伍と仲良くさせて頂いた女の子が高等部入学を機に
他の学校へ入学が決まったと聞き悲しく寂しくなりました。

高校生とは言え、県立の特別支援学校の場合は学区内のみ受験が可能です。

その女の子は、自身が住まう区域に新しい学校が設立され、その学校に通うことが決まったそうです。

悲しいですね。

なぜなら・・
人や場所が変わる大きな変化は、知的・発達障害を持つ彼らにとって
大変な苦痛をもたらすほどの苦手分野であります。

もっと小さいころは幼稚園のクラスが変わり担任の先生の変更が受け容れられず、何日も
園に入れない同級生などを何人も見てきました。

中学部卒業式の時に笑顔で私の手を握ってくれたあの娘は、今、新しい学校でも
笑顔を見せているかしら?

そして、この授業参観で、新たに高等部3年から学校が変わるという、同級生の男の子の
お母さんが挨拶をされました。

今まで親が一緒に通ってくれたけど、体力的な事やその他もろもろの理由で学校を変わるそうです。
転校は、同じように障害を持つ彼らにはどんな風に移るのでしょうか?

親が心配するのをよそに、肝心の子供の方は、以外にも自分から「この学校に入りたい」と
言っていたそうです。

彼らなりに「変化」を受け容れていつの間にか成長していたのですね。 続きを読む

夜のレメディー…安眠の為、明日の為に

皆様、クリスマスも終わり年越しの準備に忙しい
この頃、どの様に眠りにつきますか?

今晩は、島佳代子です。

久しぶりの投稿です。

昨夜は久しぶりの息子の大パニックに驚いてしまい
ました。

明日は忘年会…子供のお迎えどうしよう…
なんて主体性のない事を考えながら帰路につき
息子を施設から迎えに行くと、車で帰宅した途端
何かに文句を言っている様な、苛立ちを一人で勝手
に呟いて叫んでいました。

「うるさいよー」
えっ?何が⁇
私何か言ったかしら?

いきなりこんな事言われたら、親はどうしたら良いのか?

冬休みが始まり、学校に行かない日が10日近く続くと
施設で安全に過ごしてもつまらないのでしょうか?

それとも母である私の帰宅が遅い事に不満を抱いて
いるのでしょうか?

それとも…

施設で何かあったのかどうか、本人から聞き出せない
のが辛い。
仮に何かあっても自分で意見を言う事が難しい
知的障害児は、ただ叫ぶしかありません。

数年前の私は「どうしたの?何があったの?」
とただただ聞き返したり、「そんなに叫ばないで」
と息子を責めてしまったりしてますますパニックを
引き起こしてしまいました。

こんな時は「啓伍が上手く自分の悩みを伝えられない
のは知ってるから、辛いならもうお風呂入って
温まろう」と言い、レメディーを少し服用させて
あげる事をしています。

最近お世話になっているバッチフラワーレメディー。

すぐに効果が出る訳ではありませんが、ただ否定せず
そっと撫でてお風呂に入れて温まると、今までの
パニックが嘘のように収まりました。

もちろん、レメディーの効果…とは思いませんが、
それを手に取った私も何となく慌てず騒がず落ち着いて
対処出来たかと思います。

お陰で母子共々ぐっすり眠り、予定の時間に起きられませんでした(笑)

翌日の忘年会はキャンセルしました。
やはり私自身翌日の朝早い仕事などを考えると
とても楽しむ余裕がありません。

知っていても使わなかったバッチフラワー…
持っていてもなかなか手に取ろうとしなかった
バッチフラワー…

これから私も息子もお世話になろうかと思います。

親の知らない子供の顔…現場実習の評価

皆様、家族や子供の本当の姿を、まだ知らない…なんて事はありませんか?

おはようございます。島佳代子です。

先月、息子は地元坂戸市の作業所「あかねの郷」にて2週間の現場実習に参加しました。

その間、息子の送迎に主人と私、そして帰りは放課後デイサービスの方に迎えに来てもらって2週間対応しました。

息子の振り返りの現場実習ノートを見ると、終日作業に集中できている様子がうかがえました。

 

「え?何も問題ないの?そんなバカな・・・あの息子に限って(ひどい親ですね)・・」

私はそんな評価を下さる現場の支援員さんの返信が信じられず、最終日に三者面談で担任の先生、施設長さん、

現場の支援員、そして私達夫婦と息子本人で話し合われました。

 

「島君は非常に素直で作業に集中されていた。また懸念していた急な作業内容の変更にも素直に応じて瞬時に対応された」

「徐々に難しい作業の工程でもすぐに理解した」

「同じ作業所内の利用者さんとも自分から声をかけることはないが、穏やかに人と一緒に食事が出来る」

 

???

え、本当それ?

普段の息子からどうにも想像つかない姿でした。

自宅と学校、そして現場実習先ではやはりそれなりに顔を使い分けるのか?

 

そりゃ、人間であるので、いつもどこでも誰に対しても同じ顔を見せるわけではありません。

家と外とで態度や話し方だって変わるし、人が変われば対応の仕方、口調だって変わるはず。

 

そんな当たり前のことを、知的の障害を持つ子供の親はどうにも忘れがちになります。

いつまでも子供のまま・・・

そんな勘違いを見事に子供は払拭してしまいます。当たり前ですね。

 

作業所の方は当事者の能力を引き出すのがとても上手なものです。

 

そんな風に感心しているばかりではいけません。

 

そう言えば、私も神奈川県川崎市で「支援員」として利用者さんと向き合い、お仕事をしていますが・・・

 

果たして私はこの「あかねの郷」の支援員さんのように、利用者さんを集中させてお仕事に向かわせているのか?

 

自分の子供の事だけ考え自分の子供の振り返りをしようとしていたら、思わぬ支援員としての自分の振り返りの時間となってしまいました。

 

自尊心を育もう…注意の仕方

皆様、夏が終わり9月を既に半月経過しました。いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

今晩は、島佳代子です。

先月、職場から与えられた夏休みを使って富山県に家族で出かけました。

夏休みが終わり9月1日から元気に登校した息子ですが、夏休みの宿題を片付けるのは夫と

共に一苦労しました。

 

机に向かう習慣があまりないので、とにかく宿題プリントの目の前に座らせる事5分。

 

自宅では夫が殆ど見てくれましたが、

旅先となると普段と違う景色と部屋なので終始落ち着かずと言う状態。

その間の夫の注意の仕方はちょいと怖い。

「あーだから、そうじゃない!」

「あーこれは、こうだから!」

「おいおい、今はそれをやる時間じゃないだろう」

 

ただでさえやる気がないのに、こんな風に横から言われたらやる気は更にダウンしますね。

当然、息子はパニック!

あーあー、こんな言われ方しなくても…

 

 

これはいけない、と私の言葉掛けでなだめすかし、5〜10分経過して落ち着きを取り戻しました。

 

「まー、お父さんの言う事は気にしなくていいから。とりあえずやろう。

啓伍は出来る子なんだから」

 

こんなおだてても仕方ない、一体子供にそんなおべんちゃらが通用するのか…

 

通用するのです。

おべんちゃらと言うより、自信をつけさせる言葉掛けです。

まさに

感情整理を学ぶ!

アズ直子様からお勉強させて頂いたお陰です。

 

知的に障害を持っていても相手が何を話しているかわかります。

もちろん表情を読み解くのが苦手でも、言葉の言い方や語気、喋り方などでいつの間にか自分が何を言われているのかわかるみたいです。

ただ追い立てる様な言い方では、頑張る気持ちはなくなりますよね。

 

障害を持たずとも、私達も同じです。

やはり、どうせ頑張らせるなら、前向きな言葉掛けをしてもらいたいですね。

 

子供を見て、親である我が姿を省みる…

まさに、息子とアズ直子様から学ばせて頂きました。

 

 

 

相模原事件から…支援員としてやるべき事

皆様、神奈川県相模原市にて起きた事件から1か月近く経過しようとしています。

今晩は、島佳代子です。

 

すでに多くのメディアやニュースにて取り上げられている相模原障害者施設殺傷事件。

そこで、多くの尊い命が失われてしまいました。

 

前回、利用する立場の当事者の家族として簡単な意見を書かせて頂きました。

周りの方々は私のブログを読んで共感された人もいらっしゃるようでした。

 

私は知的障がい者当事者家族として休日は過ごしていますが、

ご存知のように私は就労支援施設の支援員として平日は過ごしています。

つまり、1週間のほとんどは家庭をみる当事者家族としてより、当事者を支援する施設側の人間であります。

 

今度は視点を反対側に変えてこの事件について、書き始めました。

この場を借りて被害に遭われてしまわれた方々のご冥福をお祈り致します。

 

ネットニュースや新聞を自宅で読んだ時、この事件を恐ろしいと感じると共に

支援員として従事していた容疑者の気持ちを理解することが出来ませんでした。

 

「障害のある方は生きていても価値がない」

このように表現して衆院議長あてに手紙まで出して、そして殺害を実行する・・・

恐ろしいことではありますが、様々な著名人がこの容疑者の行動や思想を分析し、解明しようとしています。

 

被害者の方のインタビューでは「施設で顔を合わせた時はにこやかに利用者さんの事

を話していたのに・・・笑顔が素敵だったのに・・」と言います。

今までの働きぶりから、容疑者が犯罪を起こした事がとても信じられない様子でした。

 

何が彼をそうさせたのか・・・

 

勿論、すべての施設職員が思う事ではないかと思いますが、職員であっても

人間である以上、当事者に対して優しい気持ちだけではやっていけない事も知っています。

 

家庭で、家族であっても当事者へいらだつことはままあります。

これが、家族ではない他人であったら、職場であったら・・・

 

支援のプロとして利用者さんに接していかねば・・と思う反面、支援やアドバイス、

イベント運営を行う上での理想と実際の行動のギャップに日々、支援を行う立場として

苦しくなることがあります。

お願いした事が出来ていない、約束の時間に出社していない・・・

 

自分達の指導や支援は間違っていないだろうか?

これでよいのか?ウチではなくもっと他に利用者さんの幸せを追求するための施設があるのではないか?

 

当事者家族として彼らの苦しみがわからないばかりではありませんが、それでも支援をする

私達は時に一緒に過ごすことに疲れを感じている時もあります。

 

支援員として、こんな考えを持っている事自体、支援員失格だ・・・

自分が情けなくもあります。

 

それでも・・・

 

自分の気持ちを救ってくれたのは、他ならぬ利用者さんであります。

 

彼らの頑張りが、私達支援員を潤わせてくれた。

彼らが出社してくれたから新しい学びと笑顔が見られた。

彼らから教わることは毎日あります。

 

例えば、業務報告の書き方がうまくいかない人には、例文のフォーマットを用意したり、

例えば、イベント司会に自信がない人には、解り易い台本やイメージしやすい説明したりと

彼らが苦手とすることを少しでも克服すると、彼ら以上に支援員である私達まで嬉しくなります。

 

出来ることはある。それを増やせる。そんな信頼関係が築ける・・・・

 

容疑者にも教えてあげたかったな・・・

 

こんなに面白い仕事はないよ・・・ということを

親の苦悩・・・山道に行くわけ!決してしつけの為ではなく・・・

皆様、世間を騒がせてしまった北海道渡島管内七飯町の山林で行方不明になった北斗市の小二男子が

6日目に無事に陸上自衛隊の演習場で見つかったお話。

御無事で何よりです。

 

島佳代子です。

前回、この男の子の親御さんの気持ちを何となく代弁?したようなブログを書かせて頂きました。

何人か、反応がありました。皆様思うところがあって、ネットでは様々な意見が寄せられていました。

 

その後、実は石川県金沢市でも、同様の事件があり、一時行方不明になっていたとか!

 

20代の母親は「言うことを聞かず、宿題をしないこと」を理由に山道に連れて行ってお仕置きを

したらしい。

 

児童相談所への通告で発覚。

同じ様に苦しんでいる子供・親は実は多いということか!

 

かつて子供だった私は子供の気持ちも、そして育児に現在進行形の身でもあるので、

親の気持ちもわからないことはない。

 

だけど・・・

やはり、その「お仕置き」を行動に移すのは、ちょっと・・・

待ってほしい!

 

子どもは、体を思い切り動かしたくて、遊びたくて堪らないのだ

そして親も、どうやって「世間体」に合わせて育児をしたらよいか?悩んでいるのだ

 

ならばどうしたら・・・

 

そうだ、山へ行こう!

 

私は、フラフラ歩き回り、すぐに外へ飛び出してしまうわが子の有り余った体力を

持て余していたので、とにかく山へ連れて遊びに行った。

 

埼玉県は本当に気軽に登れる山がたくさんあるので山歩きには不自由しなかった。

秩父の山々はもちろん、毛呂山町の鎌北湖、飯能市の駿河台大学裏の山道(雨が降ると

入場禁止になる)、鳩山町の物見山、岩殿観音、嵐山の蝶の看板などなど・・・

 

3歳になる前から、とにかくひたすら登らせた。

 

ただ、体力を使い果たして、自宅に戻ったらぐっすり休んでもらうことを期待して・・・

 

とにかく親も休みたい。

 

わが子、啓伍は注意欠陥・多動性障がい、自閉傾向がある、広汎性発達障がいを持つ知的障がい児。

それは本当にびっくりするくらい多動で、1度本当に行方不明になったことがあるくらいだ。

そのための山道散策なのだが・・・

 

この事件をきっかけに、山登りを敬遠されることがないよう祈りたい。

そして、今、育児で悩んでいる親御さんにも、今しか一緒にいられないのだから、

大いに楽しく山歩きを楽しんでほしい!!!

今は、もう、山登りを一緒にしなくなった、1人の親の切なる願いです。