イベント

「おぐねー」様から学ぶ日本の良さについて

皆様、昨日から10月になりました。
日に日に秋が深まる今日この頃、いかが
お過ごしですか?

今晩は、島佳代子でございます。

久しぶりの投稿、誠に申し訳ありません。

先日は利用者さんが訓練される実習先のビッグイベントで、さいたまスーパーアリーナに
行って参りました。

印刷会社の老舗で全国規模の大企業なので
社内の運動会ひとつ取ってもスーパーアリーナを借りる程のビッグイベントです。

会場内には社員さんの他に社員さんの
ご家族の方々や当法人がお世話になっている
利用者さん担当の上司の方々、諸先輩方に
ご挨拶して、お弁当なども頂きました。

利用者さんの1人が、運動会グランドの隅で
開催されるスペシャルイベントの一つ
「おぐねーのメイクレッスン」に非常に
興味を持たれ、私も一緒に参加しました。

テレビで見る時以上に格好良いおぐねーさん

さすがメイクアップアーティスト…お肌が綺麗…男性でこんなに肌が綺麗と見惚れる事は
初めてです。

おぐねーさんのメイクレッスンでは
今まで常識とされていた
・顔全体に隅までファンデーションを塗る
・お粉も隅まで叩く
など顔全体塗る事で髪の毛の生え際が
どんどん広がり、「禿げて」しまうそうです。
また、化粧下地の重要性も話して下さりました。名前の通り、「化粧の下地」なので
塗らないとファンデーションでは肌の反映?等でバランスが良くない…の様なお話を
されたかと思います。

芸能人の方々のメイクを担当されたお話や
、それにちなんだ嬉しいエピソード、お客様からの質問に答えるコーナー、記念写真に
抽選で化粧品が当たるスペシャルタイムなどなど…おぐねーさんとの楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。

化粧品のご紹介では、日本にそれぞれの名産を使用した化粧水やメイク道具、他、可愛らしい小物など、日本にはなかなか知られていない名産品を使った贅沢な化粧品が実は眠っている、知らないのは勿体無い…

一例として名産品の苺をふんだんに使用した
化粧品、食べても極上なのに、それをわざわざ化粧品に入れてしまうと言う贅沢な化粧品…名前は忘れました。申し訳ありません。

おぐねーさんは日本の良さを改めて教えて下さる為に、そしてもっと女性たちに化粧を
楽しんで貰いたくてお話をされたのかと思います。

最初は興味があまりなかったメイクレッスンも男性利用者さんが興味を示して参加されなかったらこの日本の化粧品の良さやメイクの楽しさ、そして男性にも興味を持ってくれたら更に楽しくなると言うこの事実を
知らずにいたかと思います。

興味がなくても、面倒だと思っていても、
誰かを誘って行ってみませんか?

地域ミーティングに参加しよう②…活発な意見?

皆様、御自分のお住まいの公民館や公園なんて
どれくらい関心がありますか?

今日は、島佳代子です。

一月の埼玉県坂戸市地域フォーラムに参加し、
2月3月と出来る限り積極的に地域ミーティングに
参加させて頂きました。

2月3月共に同じ坂戸市でもにっさい地域と地元
北坂戸駅付近の地域と別れたミーティングに参加して
比較してみると、少し違います。

2月はお茶の他にお茶菓子を付けてくれました。
そして坂戸市外の企業の方も参加されています。

一方、3月はお茶を出すのに、こちらが口をつける為に
キャップを開けないと誰も飲みません。
市外の参加はありません。

まだ、たった2回だけの参加ですが、こんなにも
市外の方や役所の方の参加率の差が激しく、
そして参加者の発言にも激しさやコミュニケーション
の取り方にも違いを感じました。

朝のラジオ体操の場所やサロン作りについて、
まだまだ皆んなが納得する意見や提案が出てきません。

そして、「何故こういう市民の意見に市役所の方が誰も
来ないのですか?」と言う発言に対して社会福祉協議会
の方は「私達から参加して意見を取り入れていきます」
と言った趣旨を話されました。

帰りに北坂戸駅駅前の地域福祉事業所兼デイサービスを
見学させて頂きました。

静まった団地の一階のデイサービスはすでにサービスを
終了された時間なので誰もいませんが、最新のリハビリ
機器を置いています。

すぐそばには認可保育所もあります。

少子高齢化社会の波が訪れています。
地元坂戸市も例外ではありません。

サロン作りや子供やお年を召した方々の楽しい事を
過ごしやすさを追求する為に、何が出来るのか?

答えが見つからず、今日も地元北坂戸駅前の
団地を眺めています。

感情整理を学ぶ講座…読書しながらの

皆様、自分の力や内面の考え方だけではどうにもならない事がありませんか?

今晩は、島佳代子です。

先週2月25日の土曜日はアズ直子様と高橋晴子先生の
「感情整理を学ぶ講座」を当法人にて開催致しました。

2014年から開催し、アズさんを始め、様々なセラピスト講師がご自身の学びの「感情整理を学ぶ講座」にて
教鞭に立ちました。

外部のお客様をお呼びするだけではなく、会場を提供
させて頂く当法人利用者さんも一緒に講座に参加させて
頂きます。

私も最初は利用者さん、お客様と同席してお話を
聴かせて頂きましたが、段々土曜日のイベント対応業務が増えて、せっかくの学びの時間を仕事に費やしてしまいいました。

勿論私は仕事に来ているので、
それが当たり前なのですが…

2月25日は2016年度の最終日で、新年度の打ち合わせの為にアズさんは会場にお越しになり、高橋晴子先生が
講座を開かれている間、会場の高橋先生の様子を見たり、お客様や利用者さんの様子を見たり、当法人がお世話になっている方々の書籍やスタッフお勧めの自己啓発に相応しい書籍を眺めていたりされました。

以前アズさんが、私の荷物整理の時に私の鞄から取り出したボロボロの「7つの習慣」の本を見て
「島さんも読んでいるのですか?私も愛読していますよ」とその場で本の趣味が合う事がわかって嬉しくなりました。

この25日も、私がスタッフから勧められたあるビジネス本を熱心にお読みになり、
「お貸ししましょうか?」と声を掛けたら
「あっ、いや、気になっているから自分で買います」
と仰った。

ああ〜本当にアズさんと私は本の趣味が合う…
同じアスペルガー当事者としてのみならず、
なんだか本当に気が合うのではないか…と
勝手に妄想を膨らまして嬉しくなる私です。

忙しい人ほど、お仕事が出来る人ほど本を読むのですね。あれだけの感情整理の講座で楽しいお話が出るのは
本を沢山読んで、ご自分の経験をお話し、噛み砕いて
わかりやすい講座になるのですね。

次年度から「感情整理を学ぶ講座は
当法人ではアズさんではなく、
アズ直子監修の認定講師の方々に講座を開講して
頂きます。

特性の強い利用者さんの対応や受け答えをしながらの
講座はかなり勇気の必要な事ですが、笑顔でお話
下さる感情整理の学び方を教えてくれる認定講師の方々に
今後ますます期待しています。

アズ直子様、高橋晴子先生、この一年ありがとうございます。
4月からのリニューアした「感情整理を学ぶ講座」
スタッフ一同、利用者一同、心よりお待ち致して
おります。

そして、今度は読書のお話がしたいですね。

地域フォーラムに参加しよう…知的障害者に優しい街へ

皆様、日頃自分達がお世話になっている地域の事をどれくらいご存知ですか?

今晩は、島佳代子です。

私は先月末、地元埼玉県坂戸市の取り組みに注目して坂戸グランドホテルで開催された

「坂戸市地域支え合いフォーラム」
~みんなが力を発揮できる 笑顔が輝くまちづくりを~
続きを読む

学園祭…舞台に上がらずとも

皆様、この秋の時期はお祭り真っ最中、楽しくお過ごしですか?

今晩は、島佳代子です。

先日、息子が通う特別支援学校の学園祭に行って参りました。

高等部2年生は小学部・中学部・高等部3年の生徒とは違い、体育館の舞台には上がらず、ゲームや模擬での販売担当でした。

 

人前に出る事に少し抵抗がある息子の苦手な顔を見なくて済みます。

定時までに舞台を観ようと躍起になる事もなく、比較的穏やかな学園祭を過ごせました。

 

役員も今年は特に引き受けてないので「あー楽チン」と思ったのですが…

 

うーん、何だろう。

何か物足りない。

 

学校近くの作業所の販売、模擬店などなど…

特別支援学校の学園祭は年々楽しく、そして開催時間が、やっと少し伸びてくる様になりました。

毎年改良を重ねて楽しくなってきているのに…何が物足りないのだろう?

 

やはり、困った困ったと思いながらも、成長を少しずつ垣間見られた舞台がないのが私には寂しかったのかもしれない。

 

子供の晴れ舞台を観られない…

 

舞台に上がれば上がったでそれはそれは目を覆いたくなる様な?あまり格好良くない息子の姿なのに…

 

無い物ねだり?

やはり、「困った、困った…」を乗り切るところが、育児や人の成長の醍醐味であるのだとやっとわかりました。

今目の前にある面倒な事ややりたくない仕事から逃げていたら、やはりツケが回ってしまいます。

逃げずに立ち向かおう。

子供の現実から目を反らす事なく真実を見よう。

それは、必ず、本当の子供の晴れ舞台に繋がるはずだから…

 

嘆きたくなる育児にも、悲しくなるパニックにも私は、息子は逃げる事なく進んでいこう。

学園祭でまさかこんな哲学を見出すとは…

やはりどんな障害があっても事情を抱えていても子供の学校が頑張るお祭りは楽しいものですね。

 

七夕まつり…子供の友人と会う親の喜び

皆様、7月7日の七夕にはどんな事を短冊に書いてお祈りされましたか?

今晩は、久しぶりの島佳代子です。

長い事更新せずに大変申し訳ありません。

 

実は、7月3日(日)に東京の田端で資格取得試験を受ける為、ブログを書く時間を試験勉強に費やしていました。

試験明けから一週間も経過してからの投稿をお許し下さい。

 

試験が終わった事を良い事に、私はそれに調子に乗って、神奈川県平塚市にて開催される

「平塚七夕まつり」に参加しました。

 

毎年の様に足を運ぶ七夕まつり。

2014年から勤務先の事業所が引っ越し、東京から神奈川県川崎市まで通勤する様になり、ますます平塚が少しずつ身近に感じ易くなりました…

と、言いたいのですが…

やはり、何度足を運んでも、品川から49分かかる、東海道線速い…けど、遠い。

今年は家族を同行させず私一人で友人のもとを訪れました。

 

私は自分が祭りを楽しむつもりも当然ありますが、実は視覚に障がいを持つ友人の引率も兼ねている為、平塚に参りました。

彼らの自宅に入ると、自然とその場に溶け込んで友人のお母様と他2名の友人とビールや烏龍茶で乾杯。

暫くして、祭り会場に向かう事になり、早速私は視覚障がい当事者の方へ肩を貸して歩いて…

…いません。

 

実は、当日参加予定の視覚障がい当事者の別の友人が都合が悪くなり不参加。

その為、他視覚障がい者の友人2人は平塚在住の友人のお母様と、他友人で彼らを引率するので私は荷物係りに徹しただけでした。

なーんだ、ならば今日私は別に何もしていない、彼らに何の役にも立てなかった…

と思っていました。

 

ところが、視覚に障がいがある平塚在住の友人と、お母様はとても楽しそうに私の話を聴いてくれました。

そして、彼等との繋がりや私の家族の話などでかなり遅い時間まで、盛り上がってしまいました。

お招き頂き感謝です。私は本日は何もしてあげられなかった…

 

しかし、お母様は、息子である平塚在住の友人の事を下記の様に話されました。

目が見えなくても、社会へ羽ばたいて仕事出来る事は素晴らしい。

プライベートは、本人なりに楽しんでいる様だけど、やはり友達と触れ合っている息子を見るのは有難いようです。

私が、わざわざ坂戸市から駆けつけて平塚まで友達である彼等に会いに来てくれただけで充分らしいです。

そうか、自分の事を自分の責任で選択して生きていけているのは素晴らしいけど、友達付き合いは、また別の話なのかもしれない。

障がいを持つと、なかなか自分から進んで人を誘うのは、結構勇気が必要なのかもしれない。

だからこそ、住んでいる所も職業も違う人との触れ合いがある事を確認出来たのは親として嬉しいのかもしれません。

私も息子は重度の知的障がいを持ちます。

息子の友達付き合いの様子を見られたら…

きっと私も、このお母様と同じ様に嬉しく感じると思います。

私は今年は何も願い事をかけていませんが、

きっとこのお母様は息子の楽しそうな笑顔を見るという七夕の願い事を叶えてもらえたのかもしれません。

私も来年は、同じ様な事を短冊に書こうと思いました。

憲法9条を考える・・・平和への貢献を誓う新年会?

皆様、憲法9条と聞くとどんなことを思い浮かべますか?
今晩は、島佳代子でございます。

昨日,私達家族は、友人の通う和光大学の先生「山崎翠」先生の御自宅で新年会に招待されました。

ほぼ毎年開催される、通称「カレーゼミ」と言われるほどの、先生が御作りになるカレーが絶品なので
そう呼ばれています。

今回は山芋を入れたカレーが本当に美味しかった。

参加者は和光大学出身者は勿論、卒業生の友人の関連で1度参加したら病みつきになったという
方まで含めて、増えていったそうです。

私と息子は3,4回参加していますが、今回私達は初めて52歳の主人を連れて参加しました。

山崎先生は絵本の研究をしている傍ら、憲法9条に関して私達に真剣に説いていました。

よく考えてみたら、「憲法9条」って何でしょうか?

???

しまった!私全然説明できない!!

とりあえず、こんな感じだと、貼り付けておきます。

★日本国憲法第9条
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC9%E6%9D%A1

参加した方々は現状の仕事に不満を感じ、思い切って転職された方や、上長のやり方に異議を申し立て、
その後転職を余儀なくsれ、今は満足した収入を得ている人もいる。

色々話を聴くと、実は全部憲法が全く何も関係ない事ではないと気づいた。

「日本国憲法を「平和憲法」と呼ぶのは憲法前文の記述およびこの第9条の存在に由来している。」
私達は日々の生活で平和を維持しようと、仕事したり、育児や人とコミュニケーションをとったり、
日本以外の方へ歓迎のあいさつなどをする。

「平和のために歌を歌い、踊っている。
その平和で戦争をなくそうとできる」

先生の子供たちは、そう言って自分たちの道を歩み、特別何かするわけでなくても、平和に貢献している。

なぜ、それを勝手な解釈でおかしくなっているのか?

52歳の夫は書籍を買い、今、改めて勉強している。

連れて行って良かった・・・

絵本という子供への平和の教育を行いながら、憲法教室を開き、今も先生は齢70近くになりながらも
活動を辞めていない。

しかし・・・
やはり後任に受け継ぎたいと仰るんです。

だから重度の知的障がいがある息子にだって日本の平和に貢献する為に、先生の話を聴いてほしい。
息子を連れて来てくれたことにとても感謝されていました。

何も出来ない私達だけど、憲法9条を少しづつ勉強していこう。

皆様もいかがですか?

仕事3本掛け持ち?…それでも食らいつく

皆様、こんばんは。
島佳代子です。

突然ですが、私は明日はイベントの仕事を3本
抱えています。

午前:「アズ直子様 感情整理を学ぶ講座」
受付、会場設営対応

午後昼間:「スポーツかるた」
利用者さん引率、他開催手伝い

夜:「Necco 音楽の夕べ〜冬なのにあっちいゼ!」
司会担当、他打ち合わせ

私は40歳ですが、何故にこんなに仕事を抱えられる
のでしょうか?
どこにそんな体力があるのでしょうか?

不思議です。

どれもイベント対応のお仕事!
それぞれ他対応する人がいなかったり、是非私へと
声をかけて下さったりと、
イベント担当者としての冥利につきます。

今まで仕事を振られる事はなかった3年前が懐かしいです。
ようやく求められる私になったのかな?

とにかく!
明日は頑張ります☆〜(ゝ。∂)

NIPPON ITチャリティ駅伝…卒業生から現役利用者へ

皆様、自分達が育てた人が堂々と人前で発表する
姿を見ると誇らしくなりませんか?

今晩は、島佳代子です。

一週間の11月15日(日)は前回もブログで公表させて
頂いた通り「NIPPON ITチャリティ駅伝2015」が
開催されました。

ニート、引きこもりの状態の方々へ社会へ出る、働く
事をコンセプトにし、そのきっかけ作りにしようと
試みたこのイベントは、年々参加者が増え、ランナー
が5人一組で700組近くまで増えました。

ボランティアの方々を、関係者を合わせると、なんと
3000人近くが、台場の潮風公園に集まるのです。

その潮風公園の広場に造られた舞台へ今年夏頃、見事に
当法人を卒業した元利用者さんが開会挨拶の後に
紹介され、舞台に立ちました。

彼は不登校とてんかんを経験し、引きこもりに近い
状態でずっと生活をしていました。

当法人を紹介して頂き、スーツを着て就労継続B型
支援を利用して作業訓練をしていました。

その結果、見事に東証一部上場企業への就労が決まり
ました。

彼は壇上に立ち、緊張感が誰にでも判る位の固まった
こわばった状態で挨拶をしました。

「ここで、就労が決まりました。」
小さく震える様な彼の言葉を聴いて、沢山の方が
拍手をして下さいました。

イベントの主催者でも、ゲストのアーティストでもなく
他ならぬ利用者であった彼が壇上に出る事に
私達の仕事は意味を成すのです。

今まで社会に出られず、自信を失いかけていた
利用者さんが、今、沢山の観衆を目の前にして、
就労して今がある報告をしてくれる…
これぞ、私達スタッフが絶対やるべき就労支援の結果
です。

このイベントを通して、改めて自分達が何をすべきか
誰を守るべきか?
また一つ学ばせて頂きました。
そして実行していきます。

彼が壇上から降りたその後、主催者挨拶とアーティストて会場を大いに盛り上げたのは言うまでもありません。

NIPPON ITチャリティ駅伝…沢山の方々の支援

皆様、イベント一つ開催する為に入念な準備を
されるかと思いますが想像出来ますか?

おはようございます。島佳代子です。

昨日私達はISFnetグループがスポンサーと
協力して開催する
「NIPPON IT チャリティ駅伝2015」
に参加しました。

この駅伝は
「あなたの走りが1人の若者を救います」
というコンセプトのもと、ニート、鬱病、
引きこもりの人が1人でも多く社会へ自立、進出
出来る様、5人一組のチームを組み、駅伝に参加
してタスキを繋ぐ福祉的なイベントであります。

http://www.nit-run.com/about.html

毎年参加人数は増え昨日は700組以上が駅伝の
エントリー参加しました。
総勢3000人近くの人がお台場・潮風公園に集り、
開会宣誓、挨拶、体操、そして駅伝スタートとなります

この駅伝で集まった参加費は東日本大震災
で被害に合われた方々と、そして私達FDA
「特定非営利活動法人
Future Dream Achievement」へ寄付されます。

そう、私達が所属する団体へ寄付して下さるのです。

私達はこの様に沢山の方々の寄付、支援あってこそ
成り立つNPO団体です。

自覚はしていたつもりでしたが、やはり目の前に沢山
の参加者、総勢600名近くのボランティアの方々を見ると、改めて自分達の立場や理念、そしてやるべき事
を思い出させてくれますね。

詳しい内容は上記のサイト、そして後日書きますが
「NIPPON ITチャリティ駅伝」の簡単な概要、
そしてそこでの私達の関係をお話させて頂き
ました。