憲法9条を考える・・・平和への貢献を誓う新年会?


皆様、憲法9条と聞くとどんなことを思い浮かべますか?
今晩は、島佳代子でございます。

昨日,私達家族は、友人の通う和光大学の先生「山崎翠」先生の御自宅で新年会に招待されました。

ほぼ毎年開催される、通称「カレーゼミ」と言われるほどの、先生が御作りになるカレーが絶品なので
そう呼ばれています。

今回は山芋を入れたカレーが本当に美味しかった。

参加者は和光大学出身者は勿論、卒業生の友人の関連で1度参加したら病みつきになったという
方まで含めて、増えていったそうです。

私と息子は3,4回参加していますが、今回私達は初めて52歳の主人を連れて参加しました。

山崎先生は絵本の研究をしている傍ら、憲法9条に関して私達に真剣に説いていました。

よく考えてみたら、「憲法9条」って何でしょうか?

???

しまった!私全然説明できない!!

とりあえず、こんな感じだと、貼り付けておきます。

★日本国憲法第9条
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC9%E6%9D%A1

参加した方々は現状の仕事に不満を感じ、思い切って転職された方や、上長のやり方に異議を申し立て、
その後転職を余儀なくsれ、今は満足した収入を得ている人もいる。

色々話を聴くと、実は全部憲法が全く何も関係ない事ではないと気づいた。

「日本国憲法を「平和憲法」と呼ぶのは憲法前文の記述およびこの第9条の存在に由来している。」
私達は日々の生活で平和を維持しようと、仕事したり、育児や人とコミュニケーションをとったり、
日本以外の方へ歓迎のあいさつなどをする。

「平和のために歌を歌い、踊っている。
その平和で戦争をなくそうとできる」

先生の子供たちは、そう言って自分たちの道を歩み、特別何かするわけでなくても、平和に貢献している。

なぜ、それを勝手な解釈でおかしくなっているのか?

52歳の夫は書籍を買い、今、改めて勉強している。

連れて行って良かった・・・

絵本という子供への平和の教育を行いながら、憲法教室を開き、今も先生は齢70近くになりながらも
活動を辞めていない。

しかし・・・
やはり後任に受け継ぎたいと仰るんです。

だから重度の知的障がいがある息子にだって日本の平和に貢献する為に、先生の話を聴いてほしい。
息子を連れて来てくれたことにとても感謝されていました。

何も出来ない私達だけど、憲法9条を少しづつ勉強していこう。

皆様もいかがですか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*