相模原事件から…当事者として他に行く場所

皆様、神奈川県相模原市にて起きた事件から 3週間近く経過しようとしています。

 

今晩は、島佳代子です。

すでに多くのメディアやニュースにて取り上げられている相模原障害者施設殺傷事件。

そこで、多くの尊い命が失われてしまいました。

私は時事問題は、あまり得意ではないのでブログに書く事は余程の事がない限りは書きません。

だけど…

書かずにいられず、今頃になって書き始めました。

 

この場を借りて被害に遭われてしまわれた方々のご冥福をお祈り致します。

 

様々な著名人や一般の方々が感じている恐怖感や絶望感、嫌悪感…

容疑者の障がいがある方々への差別的な発言や以前精神的な病気での入院についての事が多く取り沙汰され、そして様々な意見が取り上げられていました。

私は、容疑者の事や行動より、どうしても被害に遭われた方々の思念やその後の生活設計に関心が向きます。

 

私も被害に遭われた方々と同じ、知的障がいがある息子を育てています。

 

直接大きな被害が免れた方々も、怖くて帰れない…と言う人がいるかと思ったら、

「やまゆりに帰る」と言い、これからもお世話になる「やまゆり園」へ戻られた利用者さんもいらっしゃるそうです。

 

「タラレバ」の話をしても甲斐なき事かもしれませんが、私は「もし、自分の息子が通う学校や施設でこの様な事が起こったら…」

「被害に遭わずとも、戻す事が出来るのか?」

私は…

多分…

 

心配しながらも、

きっと施設へ通わせてしまうかもしれない。

 

職員さんの苦労は想像出来ない事もないが、やはり私は、息子の行き場、生き場所が見つからず悩んでいた頃を考えると、簡単に通う施設や事業所を変更するのは難しい…

 

ひと昔、地方の知的障がい者施設にて知的障がい者利用者さんへの虐待がひどく、家族からの訴えでようやく虐待が証明された事件。

施設長さんの彼等への対応の酷さに目を背けたくなりそうでした。

悲しいのは、そんな被害に遭われても、

親である家族は元の場所へ返してしまう。

 

家族曰く「他に行くところがないから…」

泣く泣く?仕方なく?

子供を送り出すという事もありました。

 

あれから10年以上も経過した今も、時代が変わっても障がい者を取り巻く国の制度が変わっても、

障がいを持つ子供を想う親の気持ちは変わりません。

 

被害に遭われてしまった方々へのご冥福と

、これからの人生が良き方面に行きます様、

願わずにはいられませんでした。

 

 

親の知らない子供の顔…現場実習を見る…

皆様、自宅とは違う家族の顔を知りたいとは思いませんか?

今晩は、島佳代子です。

息子の通う特別支援学校では高等部2年生に14日間の現場実習が課せられています。

自宅から2番目に近い埼玉県坂戸市の作業所へ息子の現場実習が始まりました。

同級生の中には自分一人でバスや電車など公共交通機関を乗り継いで出社出来る子や、自転車に乗って行く子もいます。

 

我が子啓伍は上記のどれも自分一人では利用出来ません。

自転車はサドルに跨らせるだけで泣き叫ぶし、電車やバスでははしゃぎ出して飛び跳ねるし、どれも一人で歩かせる事は不可能でした。

自宅から車で10分ちょっとの昔ながらの作業所と呼ばれる所へ2週間、夫と私と交代で息子を送って行きました。

 

夜勤週の夫は眠たい目をこすって息子を送れますが、私はこの為に職場の上司や同僚に無理を言って午後出社にさせて頂きました。

本当にありがたいです。

職場の皆様、上司には感謝です。

 

さて、実際の現場では昔ながらの、主に知的に障がいのある方々の作業支援をしている作業所に通いました。

 

空き缶を潰したり、封入作業、農作業など行なったり…

2週間という短い期間の現場実習…

 

 

最終日の親子面談では、息子の通う学校の担任の先生と、施設長さんと担当支援員さんで実習中の様子を伺うと…?

 

意外にも?息子は言われた通りの作業を殆どやり遂げられている…と聞きました。

え?

嘘でしょ??

 

あの、あの啓伍が???

ちょっと信じられません!

 

親の話す事がどれ位理しているのか?

よく分かってないと、私は勝手に思っていました。

しかし、学校の先生や施設長さんは、

「啓伍君は、素直でよく人の事を見ているし、聴いているから、比較的すぐ周りと協力して業務が出来ました」とびっくり発言!

 

自宅では本当に想像が付きませんでした!

 

いや、見ている様で、実は見ていなかった子供の姿、本当は親である私が直視していなかっただけなのだろうか?

仕事の忙しさなんて言い訳などせず、

まずは物言わぬ、いや、詳細を話さない子供の本当の姿、本当の実力を、もっと関心持って見続けなければ…

きっとこんな風に親切に教えてくれるのも、本当に人生の僅かな時間しかないのだから!

 

家庭では、学校では決して想像つかない子供の姿…

見てみたいと思いませんか?

 

私は、少し怖いけど…

もっと知りたい!

 

七夕まつり…子供の友人と会う親の喜び

皆様、7月7日の七夕にはどんな事を短冊に書いてお祈りされましたか?

今晩は、久しぶりの島佳代子です。

長い事更新せずに大変申し訳ありません。

 

実は、7月3日(日)に東京の田端で資格取得試験を受ける為、ブログを書く時間を試験勉強に費やしていました。

試験明けから一週間も経過してからの投稿をお許し下さい。

 

試験が終わった事を良い事に、私はそれに調子に乗って、神奈川県平塚市にて開催される

「平塚七夕まつり」に参加しました。

 

毎年の様に足を運ぶ七夕まつり。

2014年から勤務先の事業所が引っ越し、東京から神奈川県川崎市まで通勤する様になり、ますます平塚が少しずつ身近に感じ易くなりました…

と、言いたいのですが…

やはり、何度足を運んでも、品川から49分かかる、東海道線速い…けど、遠い。

今年は家族を同行させず私一人で友人のもとを訪れました。

 

私は自分が祭りを楽しむつもりも当然ありますが、実は視覚に障がいを持つ友人の引率も兼ねている為、平塚に参りました。

彼らの自宅に入ると、自然とその場に溶け込んで友人のお母様と他2名の友人とビールや烏龍茶で乾杯。

暫くして、祭り会場に向かう事になり、早速私は視覚障がい当事者の方へ肩を貸して歩いて…

…いません。

 

実は、当日参加予定の視覚障がい当事者の別の友人が都合が悪くなり不参加。

その為、他視覚障がい者の友人2人は平塚在住の友人のお母様と、他友人で彼らを引率するので私は荷物係りに徹しただけでした。

なーんだ、ならば今日私は別に何もしていない、彼らに何の役にも立てなかった…

と思っていました。

 

ところが、視覚に障がいがある平塚在住の友人と、お母様はとても楽しそうに私の話を聴いてくれました。

そして、彼等との繋がりや私の家族の話などでかなり遅い時間まで、盛り上がってしまいました。

お招き頂き感謝です。私は本日は何もしてあげられなかった…

 

しかし、お母様は、息子である平塚在住の友人の事を下記の様に話されました。

目が見えなくても、社会へ羽ばたいて仕事出来る事は素晴らしい。

プライベートは、本人なりに楽しんでいる様だけど、やはり友達と触れ合っている息子を見るのは有難いようです。

私が、わざわざ坂戸市から駆けつけて平塚まで友達である彼等に会いに来てくれただけで充分らしいです。

そうか、自分の事を自分の責任で選択して生きていけているのは素晴らしいけど、友達付き合いは、また別の話なのかもしれない。

障がいを持つと、なかなか自分から進んで人を誘うのは、結構勇気が必要なのかもしれない。

だからこそ、住んでいる所も職業も違う人との触れ合いがある事を確認出来たのは親として嬉しいのかもしれません。

私も息子は重度の知的障がいを持ちます。

息子の友達付き合いの様子を見られたら…

きっと私も、このお母様と同じ様に嬉しく感じると思います。

私は今年は何も願い事をかけていませんが、

きっとこのお母様は息子の楽しそうな笑顔を見るという七夕の願い事を叶えてもらえたのかもしれません。

私も来年は、同じ様な事を短冊に書こうと思いました。

親の苦悩・・・山道に行くわけ!決してしつけの為ではなく・・・

皆様、世間を騒がせてしまった北海道渡島管内七飯町の山林で行方不明になった北斗市の小二男子が

6日目に無事に陸上自衛隊の演習場で見つかったお話。

御無事で何よりです。

 

島佳代子です。

前回、この男の子の親御さんの気持ちを何となく代弁?したようなブログを書かせて頂きました。

何人か、反応がありました。皆様思うところがあって、ネットでは様々な意見が寄せられていました。

 

その後、実は石川県金沢市でも、同様の事件があり、一時行方不明になっていたとか!

 

20代の母親は「言うことを聞かず、宿題をしないこと」を理由に山道に連れて行ってお仕置きを

したらしい。

 

児童相談所への通告で発覚。

同じ様に苦しんでいる子供・親は実は多いということか!

 

かつて子供だった私は子供の気持ちも、そして育児に現在進行形の身でもあるので、

親の気持ちもわからないことはない。

 

だけど・・・

やはり、その「お仕置き」を行動に移すのは、ちょっと・・・

待ってほしい!

 

子どもは、体を思い切り動かしたくて、遊びたくて堪らないのだ

そして親も、どうやって「世間体」に合わせて育児をしたらよいか?悩んでいるのだ

 

ならばどうしたら・・・

 

そうだ、山へ行こう!

 

私は、フラフラ歩き回り、すぐに外へ飛び出してしまうわが子の有り余った体力を

持て余していたので、とにかく山へ連れて遊びに行った。

 

埼玉県は本当に気軽に登れる山がたくさんあるので山歩きには不自由しなかった。

秩父の山々はもちろん、毛呂山町の鎌北湖、飯能市の駿河台大学裏の山道(雨が降ると

入場禁止になる)、鳩山町の物見山、岩殿観音、嵐山の蝶の看板などなど・・・

 

3歳になる前から、とにかくひたすら登らせた。

 

ただ、体力を使い果たして、自宅に戻ったらぐっすり休んでもらうことを期待して・・・

 

とにかく親も休みたい。

 

わが子、啓伍は注意欠陥・多動性障がい、自閉傾向がある、広汎性発達障がいを持つ知的障がい児。

それは本当にびっくりするくらい多動で、1度本当に行方不明になったことがあるくらいだ。

そのための山道散策なのだが・・・

 

この事件をきっかけに、山登りを敬遠されることがないよう祈りたい。

そして、今、育児で悩んでいる親御さんにも、今しか一緒にいられないのだから、

大いに楽しく山歩きを楽しんでほしい!!!

今は、もう、山登りを一緒にしなくなった、1人の親の切なる願いです。

 

 

親の苦悩…山道を歩いて

皆様、時事問題に疎い私が、たまにこんな事を書こうと思います。

島佳代子です。

今年5月28日の夕方から、渡島管内七飯町の山林で行方不明になった北斗市の男の子の話のニュースを見て、私は何故かドキっとした。

行方不明になった男児は、学校では明るく過ごし、親とも仲が良いとの事。

最初は山菜取りで行方不明と届けられたそうだが、実は「しつけ」と称した「置き去り」した結果の大惨事なのだ!

親は世間体を気にして始め本当の事が言えなかったと言う。

勿論、こんな酷い事をする親は大いに反省して頂くとして…

何故か、私はこの親のやり方が、どうにも他人事とは思えなかった!

山に置き去り、山に捨てる…

このフレーズは、何か肉親が家族を捨てる表現で用いられる事が古い日本ではあった。

多くは姥捨山など歳とった親を捨てる事が多い

大切な家族を捨てるなんて…

ましてや我が子にそんな寂しい山へ置き去りなんて…

実は、遠い昔、息子がまだ2・3歳の頃はよく山へ登り、何度も「楽になりたい!」気持ちが頭の中をグルグル回っていた。

決して行動には移すことはなかったが、

何度も頭の中で子供を山に捨てて逃げようとする自分と泣きながら追い掛ける息子の姿を想像してしまった!

そんな事を想像してしまう位、育児が辛かった!

息子と一緒に過ごす時間が苦痛でたまらなかった!

目を合わせない、簡単な質問には答えない、目を離せない位いつもふらふら歩き、走り出してしまう、ちっとも手をつながない…

少しも気が休まらない!

偏食が激しくて工夫して作った手料理を食べない、パニックを起こして泣き叫ぶ事もある

そして、私の親は「もっとまともな子を産めばいいのに…」などと自分の努力ではどうにもならない事で何度も責められ…

本当に育児が地獄だった!

ふらふら出歩かれはたまらないので運動も兼ねて週末は埼玉県の近場の山へ連れて遊びに行った。

山道は山登り以外する事が出来ない環境なので、寄り道する様な余計な風景がないのが幸い。

歩き回る子を持つ私には本当に都合がいい。

今はめっきり、歩かなくなりました。

今も大変な子育てが続いていますが、もうあの頃の気持ちはなくなってきてるかと思います。

5日目に捜索が続く…

早く無事に見つかって欲しい。

無事を祈るばかりです。

運動会に参加しよう…籠に入れられなくても…

皆様、秋とは違う運動会シーズンを楽しんでいますか?

今晩は、島佳代子です。

先日5月21日(土)は晴天に恵まれた中、

埼玉県立毛呂山特別支援学校の運動会を観に行きました。

思い切り高等部2年の息子を応援に行くべくカメラを構えました。

リレーは前の生徒を追い越さず、昨年同様力を入れず、ゆっくりペースで走る(歩く?)

とりあえずルールはわかっているみたい…

 

玉入れは「遠くの物事に集中させるのが苦手」な知的・発達障がいを持つ人には、なかなか籠に目掛ける事自体難しいです。

それでも、周りを見て、玉を入れる振り?はしてくれたみたい

台風の嵐の目となる4人一組のリレーは、

とりあえず棒をつかんで走る事は出来たみたい

 

大玉転がしも、何とかその場を飛び出さないで参加しました。

 

息子の様子を書いてみると、どれもこれも当たり前に出来る子供の運動会の風景…

だけど、私達家族や他の保護者の方々にとっては、昨年より子供の成長を少しでも感じた、進歩を見た貴重な出来事です。

自分からその日の出来事などを話すのは至難の技である知的障がい者。

先生からの連絡帳を頼りに、日々の学校での出来事などを聞き出して、子供の事を推察するしかない育児。

行事参加は、リアルな子供の様子がわかる数少ないチャンスです。

晴天に恵まれた春の運動会は、

天気ばかりではなく、私達親の心さえも明るく照らしてくれました。

先生、他のPTAの保護者の皆様、ありがとうございます。

 

そして、頑張った息子達にも、運動会に参加する為に早目に家を出てくれた主人にも感謝ですね。

 

これからの子供の成長、これから暑くなる季節、一緒に見守っていきましょう。

偏食がなくなる?…ひじきを一気!

皆様、自分が手作りした物を美味しそうに一心で食べてくれると嬉しいですよね。

今晩は、島佳代子です。

小さい頃、息子は大変な偏食家でした。

自閉的傾向のある障がい児には色々なバリエーションのある、いつもと違った食事を喜ばない傾向があると聞きます。

なんでも、新しい物、初めて見るメニューなどを美味しいと感じるのに、普通の感覚を持った子供より時間がかかると本で読みました。

普通は「いつもと違う」という事が、ドキドキワクワクで楽しいものですが、

自閉的傾向、知的障がいを持つ方や、変化が苦手な発達障がいのある方には

「いつもと違う」と言う事が受け入れられない傾向があるようです。

当然、息子も幼稚園児の頃は、それはそれは

偏食が激しいものでした。

手作り炒飯は全く手をつけず、帰宅するや否や電子ジャーのご飯に飛び付く、

野菜は見向きもしない、

うどんやラーメンの薬味のネギは丼の周りが

汚くなるまで徹底的に取り除く。

手はベタベタ…

 

親として嘆かわしい食事でした。

 

しかし、そんな息子がどうして少しずつ偏食を克服出来たのか?

それは…

 

「学校が終わった後に帰宅出来ない」という

環境の生活を10年以上も続けているからです。

学校が終わり帰宅すれば自分の好きな物が食べられる…

こんな甘えた状況が許されない生活環境を作ってしまいました。

小学校・中学校が終わった後は学童保育、放課後デイサービスを利用して施設で出されたおやつを食べるしかない状況を作りました。

施設の職員さんのおかげで、すっかり飛び抜けた好き嫌いは減りました。

野菜も食べるようになりました。

 

極め付けは、スーパーのひじきを一気に食べてしまい家族の分は残さない有様です。

いいのかな、こんな事で…

まあ、これからも色々な物を食べて食の世界を広げて欲しいですね。

 

 

 

 

司法試験を受ける人へ…当日と同じ様に過ごそう

皆様、これから資格試験や昇級試験を控えている
人はいらっしゃいますか?

今晩は、島佳代子です。
こんな時間に投稿ごめんなさい。

先週の土曜日は東京・飯田橋の日中友好会館にて
司法試験を受ける視覚障がいがある友人の激励会
なるものを開催しました。

入った瞬間に「私には場違いなのではないか?」
と思える程に豪華な内装、
個室テーブル席の部屋の広さ、
そして、注文を伺う女性ウェイトレスの物腰の柔らかさ
などなど…

ここで甘露酒をみんなで乾杯し、しばらくまた
友人には試験勉強でカンヅメになって頂く為に
今夜は激励を込めて盃を交わしました。

少しお腹いっぱいになり、食堂を出て次の約束の
料亭に向かう途中で
「視覚障がい者教師の会」の方々とお会いしました。

彼らは障がいを理由に不当に大学での教鞭の職を
解雇されようとしているこの現状を変えようと
署名を集めて頑張っています。

その話は後日お書きします。

さて、私達は日中友好会館から少し歩いた
料亭で、同じ視覚障がいを持ちながら司法試験に
合格し、弁護士として活躍されている
大胡田誠先生にお会いしました。

⭐️大胡田誠著
「全盲の僕が弁護士になった理由」
http://www.febe.jp/documents/special/lawyer/

同じ視覚障がいを持ち、
同じ様に弁護士を目指す彼に司法試験の本番で
今までの勉強の成果を出す方法は?

大胡田先生曰く
「いつもの日も試験日の時と同じ様なサイクルに
近づけて生活する事です」とおっしゃってました。

試験日になると、いつもの実力が出せないと言う話はよく聞きます。
緊張し過ぎて、自分が持っている実力が出せない
のは悲しい事です。

ならばどうするか?
試験日と同じ様な生活リズムを試験日近くまで
過ごす事が、通常とは違う一日でも慌てない
コツだそうです。

なるほど〜〜

確かに、試験日前まで試験と同じ様な生活リズム
であれば「明日は違う」と慌てる必要もありません。

常に平常心を忘れず、そして真摯に試験に臨む。

同じ障がい、同じ夢を追う人ならではの素敵な
アドバイスに、一緒にその場にいた私達も
試験前の緊張感と平常心が入り混じった貴重な
激励会を過ごさせて頂きました。

大胡田先生、ありがとうございます。

そして試験を受ける友人へ
この場を借りてエールを送ります。

シンデレラになる?…利用者さんの望み

皆様、ときめく王子様が現れる事を祈って、
毎日頑張っていますか?

今晩は、島佳代子です。

私達は病気や障がいなど、様々な理由があって、
就労が難しい方々に就労を目指す利用者さんへ
就労する為の訓練の機会を提供しています。

ビジネスマナーやPCを習って頂いたり、
イベントに参加してお客様との接客を直に学んで
頂いたり…

そんな様々な理由がある方の中に、一人身体に
障がいのある女性が入所されました。

彼女は養護学校を卒業後、当法人に入り毎日元気に
通って勉強されています。

彼女には様々な場面で介助が必要です。

鞄からお弁当や筆記用具を取り出す、上着の着脱など、
毎日の当法人で訓練を受ける中で、どうしても
身体介助が必要な時があります。

そんな毎日の中、ある時靴がポロっと脱げてしまい
ました。

彼女は一言
「あっ、靴が…シンデレラになってしまった!」

そんな発想の転換の良さに、私は思わず爆笑して
しまいました。

ついうっかりの事ですが、ネガティヴにとらわれず
明るく笑い飛ばそうとしている彼女に感謝です。
支援員である彼女から日々学ばせて頂いてます。

利用者さんは本当に毎日通って下さるだけで、
私達支援員の日々知らなかった事を思い知らされ、
そして経験と勉強になります。

就労を目指し、社会進出を決める彼女…
彼女にとっての就労と言う名の「王子様」はいつ
現れるのでしょうか?

王子様は人と
とんだシンデレラのお話です(笑)

坂戸市の福祉施設…桜の下で

皆様、この春は満開の桜の下でお花見をされましたか?

今晩は、島佳代子です。

すっかりブログをご無沙汰してしまい
誠に申し訳ありません。

いつの間にか春が来て、桜が咲き、そしていつの間にか
散っていました。儚いですね。

桜はよく、
「来年はこの桜は見る事が出来るのだろうか?」
と老人保健施設などで会話される内容です。

一年のほんの数日しか花を見せない桜は、
来年も同じ様に見せてくれます。

その来年が、自分にやってくるのか?…
自分は来年も生きて、この桜を愛でる事が出来るのだろうか…

そんな寂しい内容を含めた、花の命以上に
人の命の儚さ、そして、だからこそ生きる事の
喜びを感じあえる…

そんな桜を私達島家も家族で見に行きました。

もう3年もお世話になっている福祉施設のお花見大会
に参加しました。

いやー昼間から飲むビールの美味しい事、
美味しい事…自分達家族や個人では出来ない
バーベキュー、焼けたお肉と焼きそばが
格別美味い!

表現が荒々しくて申し訳ありません。
だってとにかく美味いんだもの‼︎

夜遅いお迎えが多い私は挨拶も出来ない施設の
方々とおしゃべりし、お年を召した利用者さん
と挨拶し、
施設長さんと語らいました。

息子の啓伍は、自宅では考えられない様なくらい
お手伝いをしてくれているそうです。

え?
啓伍が洗濯物を干した?
嘘ー!

家ではゴロゴロして何もやらないのに?

本人から聞き出せない分、
施設長さんやスタッフさんからの情報のみで
息子の様子を測っています。

なーんだ、啓伍はやはり良い子なんだね(笑)
息子は何もリアクションせず焼きそばを頬張って
いますが…

そよそよ散り始めている桜、安心したのでしょうか?
桜は、そんな息子を応援し、密かに何もかも
知っていたのかもしれませんね。