アスペルガーの自覚症状…悪気はない!

皆様、電話口の相手が素っ気ないとどんな気持ちに
なりますか?

今晩は、島佳代子です。

先日、久し振りの休みを取って実家の母に会いに
行きました。

父が亡くなり、介護疲れがたたって半年近くも入院
生活を余儀なくされた母は、すっかり足腰が弱くなり
ました。

杖を付かなくても歩ける様になりましたがヨチヨチ歩き
で、見ている方はちょっと辛くなります。

仕事が忙しくなかなか会いに行けない私。
寂しがる母。

そんな母を支えてくれたのは、母の実の妹の
である私の叔母です。

叔母には本当に感謝しています。

一度平日昼間の時間帯に私の携帯へ電話がかかって
来た時がありました。

平日の昼間と言えば、世間では仕事中、業務中の
真っ最中である事が多いと思います。

仕事の忙しさも手伝って、電話口の私の答え方は
相当素っ気なかったと母から聞きました。、

言葉は敬語を使い、用件を簡単にまとめたつもり
でしたが、相手は「愛想が悪い、素っ気ない」
と母へ叔母が私の事を注意したそうです。

母は私の性格をよく知っているからなのでしょう。
「多分佳代子は忙しくて、つい簡潔に説明しただけ
なのかもしれない。決して怒っている訳でも、無愛想
な訳でもないのよ!」と説明してくれたそうです。

実の妹へわざわざ弁解しなければならないなんて…
自分はなんて親不孝なんだろうと自分の電話応対
の酷さを恥じていました。

もちろん、母は私には注意しました。
「お前の性格はわかっている。どちらかと言うと
サッパリして、決しておべんちゃらを言わない
どちらかと言うと正直な感情が出てしまう。飾らない。

だけど、その話し方では、無愛想だ、感謝が足りない
、忙しいのに何電話しているんだと思っているんだと
相手に誤解されてしまう。だから気をつけな!」

確かにそうですね。
アスペルガーの特性も少し手伝ってか、思った事、
感じた事をそのまま態度に示してしまう。
正直な感情が出てしまう。

それでは、バタバタしている時は確実に人と
コミュニケーションなんて取れません。

お客様が相手なら、すぐに仕事を失ってしまいます。

相手が誰であろうと、どんな時でも愛想良く、心穏やかに電話でお話しが出来る様にならないと社会人として
成り立ちませんね。

反省、反省です。

もし、私と電話でお話しする機会がありましたら、
是非皆様、こんな私へ対応のやり方をチェックしてみて
下さい。

こんな私を、これからもよろしくお願いします、
お母さん、叔母さん。

NIPPON ITチャリティ駅伝…沢山の方々の支援

皆様、イベント一つ開催する為に入念な準備を
されるかと思いますが想像出来ますか?

おはようございます。島佳代子です。

昨日私達はISFnetグループがスポンサーと
協力して開催する
「NIPPON IT チャリティ駅伝2015」
に参加しました。

この駅伝は
「あなたの走りが1人の若者を救います」
というコンセプトのもと、ニート、鬱病、
引きこもりの人が1人でも多く社会へ自立、進出
出来る様、5人一組のチームを組み、駅伝に参加
してタスキを繋ぐ福祉的なイベントであります。

http://www.nit-run.com/about.html

毎年参加人数は増え昨日は700組以上が駅伝の
エントリー参加しました。
総勢3000人近くの人がお台場・潮風公園に集り、
開会宣誓、挨拶、体操、そして駅伝スタートとなります

この駅伝で集まった参加費は東日本大震災
で被害に合われた方々と、そして私達FDA
「特定非営利活動法人
Future Dream Achievement」へ寄付されます。

そう、私達が所属する団体へ寄付して下さるのです。

私達はこの様に沢山の方々の寄付、支援あってこそ
成り立つNPO団体です。

自覚はしていたつもりでしたが、やはり目の前に沢山
の参加者、総勢600名近くのボランティアの方々を見ると、改めて自分達の立場や理念、そしてやるべき事
を思い出させてくれますね。

詳しい内容は上記のサイト、そして後日書きますが
「NIPPON ITチャリティ駅伝」の簡単な概要、
そしてそこでの私達の関係をお話させて頂き
ました。

いただきます…普段から敬意を!

突然ですが、皆様は「いただきます」「ご馳走様」
と言う言葉をどれ位言えてますか?

今晩は、日々缶ビールの前で有り難みを感じる
島佳代子です。

今朝、とても深い学びを得たブログを読んだので
シェアさせて頂きました。

銀座の高級クラブの「由美ママ」のブログです。
http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2015090715041.html?iref=andM_kiji_backnum

そう言えば、私は自宅で自分が作った食事に対して
「いただきます」って言っているかしら?

自分が作ったものばかりではなく、居酒屋で女将さん
が運んで来るお通し、若い店員さんが運ぶ
冷たいホッピー、ボランティアの方が差し入れして
くれたおにぎり、コンビニで買って来たラーメンなど…

別に高級レストランでなくても、誰かに作って貰った
ものではなくても、私は食べ物への敬意、作ってくれた、用意してくれた人への感謝を口にしているのでしょうか?

残念ながら、あまり長いこと口にしていませんでした。

目の前の食べ物は、元は命あるもの、いや、今目の前の
ご馳走となった食べ物は今そこにある今も、
目の前にいる私達の前で食べ終えるまで、
命を全うしようとしています。

このブログを読んで、ふと、ウチのスタッフを
思い出しました。

彼とは何度か一緒に食事を共にしていますが、
彼は必ず目の前のコンビニ弁当、インスタント食品
を前にしても「いただきます」という言葉、手を合わせる事を欠かしません。

決して裕福な家庭でもなく、さりとて特別貧しい訳
でもない、ごくごく当たり前の家庭に育った彼は
ウチの上長が仰る事を忘れてないと言います。

就労を目指す就労困難者を支援する私達が感謝しなければならない事。
それはご飯を食べられるという環境が
当たり前の様にある事。

それは決して当たり前ではない!
その事を忘れない様に…

その様な事を仰っしゃったそうです。

全ての生きとし生けるものへ。
食べ物への感謝、忘れていませんか?

改めて、由美ママのブログ、そして普段は目立たぬ
様にひっそりお仕事に励むウチのスタッフの彼へ
教えてくれた感謝を述べたいと思います。

そして命ある目の前のご馳走へ…

深謝!

事業所見学…こすもす②これからの展開

皆様、大切な家族の将来について考えた時、新しい取り組みを発表されたらどんな
気持ちになりますか?

今晩は、島佳代子でございます。

昨日投稿した就労継続支援B型事業所「こすもす」の取り組みについてお話します。
昨日は自身が思い切って見学に行った先の感想位しか伝えてなかったと思います。

いま一度このブログのページを利用してこれからの取り組みを簡単にお話します。

1階の喫茶、パン作り場、染織工房、2階のうどん作り作業場、そして近くの畑も見学させて
頂きました。
事業所に戻った後、階下の喫茶のコーヒーを頂きながら代表の方が説明下さいました。

簡単に概要を話すと・・・
・今はB型就労継続支援だけだが、今後は就労継続A型も展開させていく
・グループホームも作ろうと考えている

実は、1日だけのショートステイを実験的に行ったら、
思いのほか御家族の方には好評だったそうです。

ニーズがあると代表の方は思ったのか、これからはB型作業所だけでは
利用者さんの将来を思い描くのが難しいと考え、日々展開の準備だそうです。

代表の方は「正直自分たちで行うのは不安がない事もないが、求められているのなら・・・」
と事業展開を決めていったようです。

やはり、設立された8年前も、今も昔も、
親の願いは同じ!

「自分達親の亡き後、子供が安心して暮らせるように・・・」

その願いを当事者の親御さんが経営して叶えようとしています。
当事者家族であってもなくても、

正直誰でもいい!!

安心して人生を委ねられるなら、誰でも、どこでもいい!!!

少しでも不安を取り除きたい!!!!

3年後、息子はどこで働いているのか?
それとも卒業後も新たに学校に行くのか??

全く想像出来ませんが、少しは卒業後のイメージが描けました。

帰りに買った豆腐の美味しかったこと。

「また買いに行こう」
素直にそう思える見学会でした。

事業所見学…こすもす①豆腐作り

皆様、自分の子供が、大切な家族が将来どんな
ところで働けると想像出来ますか?

今晩は、島佳代子です。

半月も経過してからの報告ですが、10月の半ば辺りで
私と主人は息子が通う特別支援学校の役員が主催
した作業所見学に参加しました。

場所は「特定非営利活動法人 こすもす」です。
就労継続支援B型事業所です。
http://tohuya-kosumosu.com/cosmos.html

坂戸市の東坂戸団地の一階に面した作業所です。
主に知的障がいがある方を利用者さんとして受け入れ、
豆腐作り、染織商品作り、パン作り、喫茶などを
行っています。

実は私自身、息子を特別支援学校に3年以上通わせ
ながら一度も作業所見学はした事がありませんでした。

中学部の頃はまだピンとこなくて、そして成人した
知的障がい者の現実を直視する気持ちに前向きに
なれませんでした。

だけど、息子ももう高等部1年生!
卒業後の現実を考えなければいけません。
卒業というタイムリミットが近づいているのです。

話を作業所に戻します。

ここは2007年に設立されました。
もうすぐ10年を迎えようとしています。

最初は、とにかく自分の子供の居場所がないと
嘆いていた親の願いで、地元に作業所を
作ったそうです。

見学に行ったその時は、中でパン作りしている
人、喫茶の昼食を作る人、染物織り、機織りしている
障がい者の方々が一生懸命働いていました。

団地の上ではうどん作りをしていました。
引退されたプロのうどん職人の方が後継者育成
を兼ねて作業所で一緒に働いています。

中には私達が見学に来た事で、いつもと違う雰囲気
を感じたのか、パニックになる人もいました。

「おかしいわね、大人しくなるおまじないを
かけたのに…」(笑)

よく交わす会話です。こんな風に私達親は
冗談を言いながら育児の不安を吹き飛ばします。

そんな風に気分も良くなったのか、
帰りに買った豆腐は格別の美味しさでした。

こだわり!・・・片づけずにはいられない!!

皆様、自分の仕事のやり方を他の誰かに無理に変えられてしまうと苦しいですよね?

今晩は、島佳代子でございます。

私達家族は一昨日の11月1日の日曜日に家の片づけ、掃除、洗濯を片づけた後、いつもと違う
ドラッグストアへ買い物に行きました。

毎週日曜日は夕方くらいから家族そろって買い物にお出かけが恒例となっています。

いつも行くドラッグストアでは何か物足りない、たまには新しい所へ冒険したいと思い、
地元から1時間以上遠いドラッグストアに足を運びました。

新しいお店はいつも以上に広く明るく、商品の品ぞろえも豊富なのでいつも以上に
テンションが上がります。

勿論息子は上機嫌で跳ね回ります。

実は私は独身の頃、ドラッグストアに勤務していた経験があるので、どこのドラッグストアに
行く度に「この商品はこっちの陳列がいいんじゃないかな?」
「この化粧品がこんな派手なポップでは・・・もっと上品にした方が・・・」
などと非常にはた迷惑な事を考えていました。

今は寿退職して、あれから20年近く経過しましたので、そんな気持ちはありませんが。

しかし、そんな私の勝手な想い以上に息子はテンション上がりまくりで、御店の人も
ちょっと困惑した様子でした。

※アスペルガー症候群であっても少しは空気が読めますよ、私だって・・・

買うべき商品の入った籠をレジへ出し、精算を済ませると、買った商品を袋へ入れます。
そうして店を出るのですが・・・

息子は買い物籠がレジの台に置きっぱなしの状態がとても気になるようです。
2,3度注意しても息子はレジ台の籠をしまおうとします。

「やらなくていいですよ」
最初は少し穏やかな口調で言っていた女性店員さんも何度ガシャガシャしまわれてしまうと

「いいですよ!やらなくて!!」
明らか迷惑そうな、怒っている風に聞こえました。

そりゃそうですよね。
店には店のやり方があって、お客様が使う籠はどこに置いてどんな風に使って頂くか?
常日頃考えて商売をされています。

たかが籠の置き方一つでもそれなりにこだわりがありますよね。

女性店員さん、日曜日の夜のお仕事中にごめんなさい。

謝りたい気持ちを心の中でつぶやきつつ、急いで店を後にしました。

自宅外のこだわりをなくしていく方法をこれからブログでお伝えいたします。

添削されまくろう…仰々しいらしい!

皆様、自分はどれ位普段の業務の表現に気を遣われ
ますか?

おはようございます。島佳代子です。

私達の職場では毎日仕事が終わると同時に
業務報告メールを提出します。

以前お話し致しました様に、私は10歳以上も年下
の女性スタッフからメールの添削をして頂いてます。

最近、下記の注意点を受けました。
★★★★★★★★★‥……………
①> 下記拝見させて頂きました。

拝見の「拝」にすでに敬語が含まれていますので、
さらに「いただく」をつけると二重敬語になってしまいます。
基本的には「拝見しました」「拝見いたしました」が正解のようです。

まあ私もよく二重敬語使ってしまうので
人のこと言えないのですが・・・

②> 今後○○業務切り出しの一環で執り行います。

「執り行う」とは「式・祭りなどを行う。改まって行う。執行する。」
ということだそうなので、「○○業務として行います。」で済むかと思います。
普段の仕事に使うにしては余りに仰々しい感じです。
「行います」で良いんじゃないでしょうか。

またこの部分は文章全体が不自然に長いです。
「○○業務として行います。」で済むかと思います。

この「一文が不必要に長く、大げさになる」のは島さんの文章の特徴なので、ちょっと意識してもらえると良いかもしれません。

以上参考にして頂けますと幸いです。
よろしくお願い致します。

★★★★★★★★★‥………………

いかがですか?
まだ20代半ばの女の子から40歳の女が指摘される
有様…全く情けない事です。
お恥ずかしい限りです。

このメール文に限っての事だと私は何かと
大事に表現したいみたいだと分かります。

何が私をそうさせているのでしょうか?

業務報告メールはプライベートメールではないから
何かと仰々しく表現すればいいと思っているの
でしょうか?

決して私は丁寧で重重しく仕事をしている訳では
なく、単純にまだお仕事の基本をわかってない
からなのだと思います。

今日も業務報告メール書いて、今度は仰々しく
しないように気をつけます。

皆様厳しくチェックして下さいね。

みかん農園へようこそ…就労を応援します!

皆様、就労の支援のやり方はパソコンやビジネスマナー
を教えるようなものだけとお思いですか?

今晩は、島佳代子です。
私達の職場は就労を目指す方々が、就労の訓練を
行う為に支援員として従事しています。

多くは挨拶などのビジネスマナー、PCスキルを
身に付ける為のパソコンの講義などがあります。

そして私達が他の就労支援施設と決定的に違うのは…

支援員が半分以上当事者であること。
上長も重度の身体障がい者。

そして、イベントを毎月の様に開催し、受付、
会場案内、そして司会を全て就労訓練を行う
利用者さんが行います。

講演者を呼び、就労を目指す利用者さんへプロボノ
と評してご自身のお仕事の事を話して頂く事もあります。

そのうちのお一人、神奈川県小田原市にてみかん農園
を営む「秋澤園」の秋澤様にご招待頂き、みかんを
試食させて頂いたり、山路を散策したりと充実した
1日を過ごさせて頂きました。

爽やかなみかんやキウイがなる木の下で、私達
は就労というものについて考えました。
事務所でパソコンを打つだけが就労訓練ではない、
身体を動かし、風を感じて自分が育てた果物を
見つめて育んでいく…

こういうお仕事もあるんですね。

わかっていたようで中々機会がないと触れる
事のない職業というものについて、秋澤様が
教えて下さいました。

今日はとても寒く感じた夕方でしたが、
このみかん農園の風景から、自然の恵み、
忘れかけていた野山の風景を思い出させてくれた
貴重な1日でした。

11月15日(日)お台場にてこのみかんを
配布させて頂きます。

その詳細は後日記載します。

リウマチと腰痛?…ストレスが身体にくる時に

皆様、日々の勉強や仕事に人間関係、環境の変化など
どれ位ストレスの最中で生活されてますでしょうか?

おはようございます。島佳代子です。

私はリウマチ膠原病という難病があり、27歳の時に
子供を産んだ2.3年後位に発症しました。

もともと父方の祖母の遺伝子が色濃く現れていたのか
母からは「お前は将来的になりやすいから今のうち
、若いうちに健康的な生活を送りなさい。」と
言われ、スナック菓子など絶対買えない世界で
生活をしていました。

まあ、何とかリウマチ発症し、障がい児育児、
色々大変な所もありましたが優しい夫の助け、実家
のフォローもあり、何とか今までやってこれました。

今までは、どんなに職場で嫌な事があっても
季節の変わり目で指や肩が痛くなっても、
それ以外が痛くなる事はありませんでした。

しかし…
つい最近、私は生まれて、初めて…

腰痛になりました。

たかが腰痛?いやいや、腰を酷使した覚えはない
のですよ。
肉体労働だけは職場でピカイチの私が腰痛なんて…

座っているのも辛くなる位の腰の痛み、こんな事
初めてです。

あまりの痛みに職場近くの整形外科に行ってレントゲン
まで撮り診察してもらいました。

結果…
腰を酷使したものでなく、リウマチによる腰の痛み
などではなく…

「過度なストレスの負担」だそうです。

ストレスが腰に来るなんて…

ストレス…うーん、思い当たる節がある!
確かに、今の私はかなり職場でストレスを
大いに抱えてます。

生まれて初めての腰痛に処方されたロキソニンの
ジェネリック医薬品を飲みながら今日も「元気に」
ストレスの多い職場に行って参ります。

発達障がいのある方への支援…見捨てられ恐怖との闘い

皆様、「見捨てられ恐怖」という言葉をご存知ですか?
島佳代子です。

私達が勤める支援施設に通う利用者さんは様々
な障がいや病気、複雑な家庭環境など、何らかの
形で就労を阻む要素を持った人が集まっています。

その内の1人、アスペルガー症候群の特性が一際
激しい女性がいます。

彼女は学生時代には友達も殆どいない状態で生活し、
家庭でも激しく注意、叱責されて育てられたのか、
親との関係をとても辛く感じているようです。

彼女には支援施設のスタッフ、他利用者さんとの
協力だけでは、とても就労まで導く事が難しいと
感じています。

そこで、相談会や親との三者面談なども企画して
親御さんのご都合の良い日を決めてお知らせして
欲しいと彼女には再三伝えています。

ところが…
彼女は頑として親を呼ぶ事を拒否します。

何故?

これは今まで子供の頃から自分の特性と向かい合い、
その障がいを受け入れて、そこから就労や学習に
向かうという過程を本人や家族共々ふんでこなかった
からなのでしょう。

施設に親を呼んだら確実に怒られる、もう自分の
居場所はない、見捨てられる…
自己肯定感が育つ前の子供の段階です。

支援員や親がなんと言おうと、自分の考えややり方
に自信を持ち、着実に前を歩いていければ構わない
ハズです。

それくらい彼女は自分に自信を持つ事なく大人に
なって現在に至ってます。

確実に自己肯定感を育てて見捨てられ恐怖から
解き放ってあげたい!

過去の自分にも同じ様な経験がありました。

同じ様なアスペルガー症候群、発達障がいのある
方の就労支援をより確実なものにしなければ…

彼女が教えてくれた、新たなる私達支援員の課題です。